開いた本

薬物依存症について

薬物依存症は、性格や人格の問題ではなく「病気」です。

  • つらい、悲しい、さびしい気持ちを紛らわせたい。

  • 友人や先輩にすすめられてしかたなく

  • 不安感や心配ごとから逃れたい

  • もっと頑張るために

 

​きっかけや動機はさまざまですが、薬物を使い続けるうちに脳の「ブレーキ」にあたる部分が機能不全に陥り、自分の意志では止められなくなってしまいます。

違法薬物

覚せい剤・コカイン・ヘロイン・LSD・マリファナ・危険ドラッグ

処方薬(医師が処方する薬)

向精神薬・睡眠薬・抗不安薬etc.

 

市販薬

咳止め薬・かぜ薬・鎮痛剤etc.

 

​薬物依存症というと、違法薬物ばかりを思い浮かべがちですが日本では、抗不安薬、睡眠薬、向精神薬といった「処方薬依存」や、せき止め薬、風邪薬といった「市販薬依存」が圧倒的に多くなっています。

©2021 by 関西薬物依存症家族の会

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now